気になるいぼ!治療してきれいになりたい方必見!

いぼの治療・手術の方法

医者

レーザー治療

レーザー治療では、目立ってしまう非ウイルス性のいぼを切除したり、ウイルス性のいぼの原因となる根の部分までキレイに取り除くなど、どのタイプのいぼにも効果的、とされています。レーザー治療には、炭酸ガスが使用され、一般的には、美容外科や美容皮膚科で施術を行なっています。費用はクリニックによって違いがあり、1mm単位で価格が設定されています。いぼができた部位によってはレーザー治療ができないこともあります。しかし、レーザー治療は、必要以上に肌を傷つける心配がなく、出血も少ないです。そのため、痛みも少なく、ダウンタイムも短くて済みます。さらに、切除の痕が残りにくく、再発しにくいのもレーザー治療の特徴です。

切除手術

大きないぼは、切除手術によって取り除くことがあります。切除手術は多くの場合、レーザー治療が施せない部位で行なわれる施術です。完治に時間のかかるいぼも、切除手術による施術が行なわれることがあります。メスや専門器具を使用して、いぼのできた部分を切り抜く手術をします。そのため、出血、痛みがあります。また、術後はガーゼなどで傷口を保護するなどの、アフターケアしっかりとを行なう必要があります。保険が適応されるので、価格も抑えて治療することができます。再発のリスクは他の治療と比べても少なく、1回の施術で済みます。

液体窒素

液体窒素を用いた治療では、いぼがある部位の細胞を低温やけどで壊死させ、除去します。液体窒素の取り扱いは特別な許可が必要なため、専門医しか施術を行なうことができません。1度で完治させることは難しいですが、安全性が高く、人気の施術になっています。また、液体窒素による治療は確実性が高く、原因となる根の部分からいぼを除去することができます。しかし、色素沈着の可能性や、痛みを感じる可能性があります。低温やけどを引き起こす治療法なので、痛みはどうしても出てくるかと思います。ですが、液体窒素での治療法は、保険が適応されるので、価格を抑えることができます。色素沈着が不安な場合は、別の施術をおすすめしますが、目立たない部分のいぼを除去したい、メスに抵抗のある方などは、液体窒素がおすすめです。

内服薬

ウイルス性のいぼなどは、内服薬で皮膚の免疫力をアップさせる治療をします。ハトムギに多く含まれる成分を主とした内服薬を、毎日決まった時間に服用します。内服薬による治療は、ウイルス性のいぼにしか効果がありません。老人性のいぼなどは、内服薬では治すことができません。また、直接いぼを除去するわけではないため、症状がひどい場合には治りが遅くなってしまうこともあります。しかし、薬によって皮膚の免疫力をたかめることで、いぼが再発するのを防ぐことにもなります。薬を飲む治療なので、もちろん痛みはないですし出血もなく、手術の痕も残りません。また、他の治療法と平行して服用することで、治療と予防の両方が叶います。

注射

注射による治療は、どのようないぼにも効果が期待できます。いぼを除去するための薬を、直接いぼに注射します。いぼがかさぶたのようになって、ポロっと綺麗にとれるのがこの治療法の特徴です。とくにウイルス性のいぼに効果的で、薬がウイルスの働きを弱めてくれますし、再発の可能性も少ないです。注射による治療法では、完治までに何回注射を打つか、によって治療費は変わってきますし、通院の必要があります。しかし、施術後は変わったケアは不要ですし、お風呂にもいつも通りに入ることができます。顔以外の部位であれば、注射による治療ができるのです。

Copyright© 2019 気になるいぼ!治療してきれいになりたい方必見! All Rights Reserved.