気になるいぼ!治療してきれいになりたい方必見!

いぼの種類や特徴について

女性

いぼの種類や特徴:老人性のいぼ

「老人性のいぼ」は名の通り、老化によって発生するいぼです。長年の紫外線や洋服などの摩擦、刺激が原因になって発生します。このいぼは、「老人性」と言っていますが20代などの若い方にも顔や首などに発生してしまうことがあります。初めは小さなぷくっとしたものですが、放っておくとどんどん肥大化し、数が増えてしまうこともあります。形は様々で、平たいものや膨らんでいるもの、色も、肌の色やほくろのような色であったりと様々です。年を重ねれば重ねるほど発生しやすいいぼですが、若い頃にどれだけ紫外線を浴びていたかで、発生する年代が変わってきます。80歳以上の方は、ほとんどがこの「老人性のいぼ」を抱えています。長年、紫外線を浴びて、メラニンが蓄積されることでシミだけではなく、いぼの原因にもなっているのです。だんだんと膨らんだり、ザラっとした肌触りになってしまいます。また、遺伝で発生するとも言われています。治療したいと考えている方は、皮膚科や美容外科クリニックで除去治療をすることが可能ですよ。

いぼの種類や特徴:首にできるいぼ

首は皮膚が薄いので、紫外線や摩擦による刺激をダイレクトに受けてしまいます。気付いた時にはポツンといぼが…。なんてこともありますよね。首にできるいぼは老人性のいぼと同じく、紫外線や服による摩擦や刺激で発生します。首にできるいぼは年齢に関係なく発生します。お風呂の際に、ついつい力を入れて首をゴシゴシと擦ってしまうと、それが刺激になり、いぼができてしまう原因になります。摩擦や過度な刺激は、肌の老化を進める原因になるのです。また、首のうしろにできてしまったいぼはなかなか自分で確認することは難しいですよね。万が一悪性のいぼだったら早めの治療が必要です。カメラを使って撮影して確かめる方法もありますが、良性のいぼの特徴として、「触ると柔らかい」ということがあります。なるべく刺激を与えないように優しく触ってみましょう。また、触った時に、いぼの形がいびつだと感じたら、悪性のいぼである可能性が考えられます。一度、クリニックで治療の相談をしてみましょう。

いぼの種類や特徴:顔にできるいぼ

顔にできるいぼは、ウイルス性のいぼである可能性が高いです。顔の皮膚は他の部位よりも薄いため、イボができやすくなってしまいます。顔にできるいぼは10代~20代の若い方に発生することが多く、少し膨らんでいる肌色のいぼが顔にできることがほとんどです。見た目がニキビと似ていて、間違えやすいのが特徴ですが、とても小さく、数日たつと消えてしまうことがあります。しかし、何度も再発を繰り返し、再発する度にいぼの数が増えて行く可能性があります。顔にできるいぼはそのままにするのではなく、きちんと治療することをおすすめします。

いぼの種類や特徴:足裏にできるいぼ

足裏にできるいぼは、体重がかかって形がつぶれてしまい、ウオノメなどと間違えることがあります。足裏にできるいぼはウイルス性である可能性が高いです。放置したり、触ってしまうと炎症が起きてしまいます。しかし、足の裏はほぼ常に地面と触れています。そのため、いぼの治りが遅く、炎症を起こしやすくなってしまいます。炎症が起きると他の部位へもいぼが広がってしまう可能性が出てきます。また、足裏にできるいぼを放置してしまうと、悪化して取り除くのが難しくなるので、中心部分が黒くなっているなど、いぼの特徴がある場合は、はやめの治療がおすすめです。

いぼの種類や特徴:水ぶくれのようないぼ

水ぶくれのようないぼは、感触が柔らかく、いくつかのいぼが同時に発生します。大きさはとても小さく、3ミリ程度です。放っておいても自然に治るいぼではありますが、ウイルスが原因で発生するいぼなので、完治までに1年ほどかかると言われており、治るのに時間がかかってしまいます。水いぼの特徴は、痒みを感じることです。しかし、掻いて水いぼが潰れてしまうと、ウイルスが他の人に移ってしまう可能性があります。タオルや衣服などについたウイルスから、他の人へ感染してしまうのです。水いぼは、他の人への感染を防ぐためにも、できるだけ治療はしておく方が良いでしょう。

Copyright© 2019 気になるいぼ!治療してきれいになりたい方必見! All Rights Reserved.