気になるいぼ!治療してきれいになりたい方必見!

危険ないぼを見分けよう!

看護師

いぼには、良性のいぼと、治療したほうがいい、ウイルス性のいぼがあります。初めは見た目にさほど変化がなく良性か、悪いいぼか気付きにくいですが、見分け方があるので紹介します。

詳しく見る

いぼの種類や特徴について

女性

いぼができる原因は、加齢やウイルスですが、加齢によって肌が衰え、小さな刺激が原因になっていぼが発生していることもあります。大きさや色、硬さ、治療法も様々です。そこで、よくできてしまういぼの種類や特徴についてまとめてみました。

詳しく見る

いぼの治療・手術の方法

医者

いぼは放置していても問題ないものと、治療しないと治らないものがあります。中でもウイルス性のいぼは早期治療がおすすめです。いぼの治療と言っても方法は様々で、ダウンタイムにも差があります。より適した治療方法を選択しましょう。

詳しく見る

いぼは治療できます!

女性

「いぼ」ってなに?

体のどこかにひとつでも「いぼ」ができると、肌が汚く見えてしまって、まさに「美の大敵!」と言えますよね。むやみに触ってしまうと他の場所にうつってしてしまう危険性もあり、怖いですし、放っておくのもなんだが嫌なものです。では、いぼがいったい何が原因でできるものか、本当はどのようなものなのか、分かりますか?実はいぼは、医学的には「疣贅(ゆうぜい)」と呼ばれ、皮膚にできる腫瘍の一種とされています。いぼには数種類あり、一般的ないぼは良性の皮膚腫瘍ですが、なかにはいぼそっくりの悪性腫瘍もあるのです!悪性の腫瘍はもちろん、しっかり治療しなくてはいけませんが、良性の腫瘍であるいぼは放ってい置いても問題はありませんが、良性であっても、見た目が気になる場合などは、いぼを除去する治療をするのがおすすめです。

いぼができる原因はなに?ー加齢が原因ー

いぼの見た目は様々です。一見シミのように見えるものがいぼの一種であったり、水膨れに似ているいぼなどもあります。ぷくっとふくれたいぼや、潰れたような平たいいぼなど、気付いた時にはどこかにできていて、気にし出すと増えているような気がして…。ケアはしっかりしてるのに、なんでいぼができるの!?と疑問に感じる方もいらっしゃるでしょうね。実は、いぼができる原因は大きく分けて2つあります。1つ目は「加齢が原因」です。肌の老化は年齢と共に進んでいきます。そのため、いぼは、年齢と共に増えていってしまうのです。まず、美容の大敵と言えば紫外線ですが、紫外線はイボを増やす原因にもなります。年齢と共に紫外線を浴びいる量は増えて行きますから、紫外線が肌の細胞を刺激し、どんどん膨らんでしまい、いぼができてしまいます。乾燥も、美容の大敵ですよね!その乾燥も、いぼを生み出す原因になっています。ある年齢を超えると、肌が衰え、乾燥や紫外線に勝てなくなってしまいます。そうすると、首元やワキの下などに「アクロコルドン」といういぼができてしまいます。このいぼは、引っ掻いたり、触ってしまうと炎症を引き起こしてしまう可能性があるので、注意が必要です。加齢が原因でできるいぼは、ほとんどが慮世のものなので、放っておいても問題はありません。しかし、見た目に気を遣っている場合は、いぼを除去する治療がオススメです。

いぼができる原因はなに?ーウイルスが原因ー

いぼは、免疫力や怪我などが原因で発生することもあります。これはウイルス性のいぼで、免疫力の下がっている時や、怪我にウイルスが付いてしまった場合に感染する可能性があります。ウイルスが付いたタオルや、汚れたマットなどに触れてしまうと、感染の危険性はアップしてしまいます。ウイルス性のいぼは、放置してしまうと悪化します。しかし、ウイルス性のいぼも、初めは加齢が原因で発生する良性のいぼと見た目の変化はさほどないため、気付きにくいです。しかし、ウイルス性のいぼは放っておくことで、広がってしまったり、取り除くのに時間がかかってしまったりと、悪化していく一方です。ウイルス性のいぼは、はやめに除去する治療をするのがおすすめです。

Copyright© 2019 気になるいぼ!治療してきれいになりたい方必見! All Rights Reserved.